ファンデーションの使用方法

30歳を過ぎると、ほうれい線に悩む女性が増えてきます。
ほうれい線ができる原因は、加齢や乾燥など様々です。

ほうれい線が目立つ場合は、ツボ押しなどでリンパの流れを良くしたり、
表情筋を鍛えると改善できる可能性があります。

ファンデーション

しかし、改善するまでには時間がかかることも多いので、
その間はファンデーションを使って目立たなくするといいです。

ほうれい線を消すには、いくつかの方法がありますが、重要なのは保湿です。

加齢により乾燥した肌に潤いを与えることで、肌にハリが出てきます。
肌を十分に保湿した後は、ベース作りを丁寧に行います。

シリコン系の化粧下地を使うと、シワにファンデーションが入るのを
防ぐことができます。

コンシーラー

明るい色のコンシーラーを使い、スポンジでなじませると、
シワが目立たなくなります。

ファンデーションには、リキッドタイプやクリームタイプなど、
様々な種類がありますが、自分の肌に合ったものを使うことが大事です。

仕上げにパウダーを押さえれば完了です。

投稿を作成しました 4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。