ほうれい線を消すファンデーションの使用方法

30歳を過ぎると、ほうれい線に悩む女性が増えてきます。
ほうれい線ができる原因は、加齢や乾燥など様々です。

ほうれい線が目立つ場合は、ツボ押しなどでリンパの流れを良くしたり、
表情筋を鍛えると改善できる可能性があります。

しかし、改善するまでには時間がかかることも多いので、
その間はファンデーションを使って目立たなくするといいです。

ほうれい線を消すには、いくつかの方法がありますが、重要なのは保湿です。

加齢により乾燥した肌に潤いを与えることで、肌にハリが出てきます。
肌を十分に保湿した後は、ベース作りを丁寧に行います。

シリコン系の化粧下地を使うと、シワにファンデーションが入るのを防ぐことができます。
明るい色のコンシーラーを使い、スポンジでなじませると、シワが目立たなくなります。

ファンデーションには、リキッドタイプやクリームタイプなど、様々な種類がありますが、
自分の肌に合ったものを使うことが大事です。

仕上げにパウダーを押さえれば完了です。

bbクリームでほうれい線を消す方法

bbクリームは元々は治療用のクリームでしたが、今ではその保湿成分などが利用され
お手軽なスキンケアにも使われる様になりました。

ほうれい線を消す方法としても有効ですね。
入浴中や入浴後など、体温が高い状態の方が効果も高まりますので、
スキンケアと一緒にするのもお薦めです。

bbクリームは汗などで崩れたメイクの上から軽く塗りなおすだけでケアが出来ます。

ファンデーションのような塗りムラや、ほうれい線のシワが
目立ったりと言うことはありません。

またクリームなので肌に優しく、保湿しながらも肌の透明度を上げてくれますから、
ほうれい線の対策としてとても便利です。

乾燥している状態では馴染み辛いので、特に冬などはクリームを塗る前に
化粧水を軽くパフに染みこませてパッティングして湿らせておきましょう。

その後、クリームを指先に適量のせ、両頬、額、鼻、あごにつけ、
軽く叩くように両手で顔全体に伸ばしていきます。

数分で肌に馴染んできますので、場合に応じて重ね塗りも可能です。
肌に透明感を持たせたい方や最近になってシワが目立つ、
気になっている方特におすすめです。

40代女性のほうれい線を消す方法

40代女性がほうれい線を消す方法は、毎日のスキンケアがポイントです。
ほうれい線に悩んでいる方は、肌の水分量が少なく、紫外線により肌が弱っています。

また血行不良で代謝が悪くなっていることも影響します。
血行を良くするには顔のマッサージが効果的です。
そのときにクレンジングや洗顔料を使うとお肌に負担になるので
マッサージ専用クリームを使います。

肌の乾燥を防ぐには、美容液を使うことが大切です。
水分量をアップさせてくれるセラミドやビタミンc配合成分が
配合されている商品を選びます。

ローラータイプの美顔器具やスチーマーで美容成分を
肌の奥に浸透させるケアもほうれい線を消すのに効果があります。

そして紫外線対策も忘れないようにしましょう。
外に出るときはファンデーションをつけると日差しからお肌が守れます。

夏だけ紫外線対策をするのではなく1年中、そして曇りの日もケアします。
できるだけ刺激が少ないコスメを使いましょう。